このサイトでは Webストレージ を使用しています。
Webストレージ を有効にしてください。

AMEEの概要

医薬教育倫理協会(AMEE)薬剤師事業 担当理事ご挨拶

薬局薬剤師のミッションが大きく変わろうとしています。
医薬分業がごく一般的になり、「医師が発行した処方箋を迅速かつ的確に処方し投薬する」という役割が続いてきましたが、高齢化による国民医療費に占める薬剤費の増加、ポリファーマシー問題、さらに地域連携医療に対する薬剤師の関わり方の再評価などにより薬剤師を取り巻く環境も変化を遂げ、薬局薬剤師の局外行動を含む、患者さんに選ばれる「かかりつけ薬剤師」として大きな飛躍を求められる時代になりました。

今後は地域医療のパートナーとして患者目線で医師と患者の間に介入し、調剤投薬の責任に加えて調剤後の薬剤治療に関するフォローアップや、モニタリングを中心とする患者情報の医師・連携チームへの共有、さらに医療の効率化の一翼を担うことが求められています。患者目線で真の付加価値を提供出来る薬剤師のみが選ばれ、個々の薬剤師による品質の探求になる様相といっても過言ではありません。

あわせて、今後登場する新しい治療薬は、生活習慣病の枠を超えて高度専門分化した治療薬にシフトしていきます。またジェネリック医薬品処方拡大の流れの中で患者個々の背景にあった指導やモニタが必要になることを踏まえ、薬局薬剤師が薬物治療、薬のプロフェッショナルとして地域医療の中で中心的な情報活動していくためには、これまでの経験や知識を基にさらに洗練された行動能力を高めていく必要があります。

当協会の薬剤師生涯研修制度は、薬剤師が治療薬のプロフェッショナルであり医師・医療従事者のパートナーとしてその力を発揮すること、そして患者、医師から選ばれるべく、かかりつけ薬剤師としての品質を向上するために支援することを目的としています。また、当協会の特徴である医師ネットワークと連携し、医師との連携視点を多く取り入れてまいります。新しい薬剤師生涯研修にご期待下さい。

一般社団法人 医薬教育倫理協会
薬剤師生涯教育・認定事業運営委員長
緒方宏泰

薬剤師生涯研修制度への取り組みについて

生涯学習の必要性

薬剤師は薬の専門家として日々進歩する科学技術や医療環境に対応して、 患者や医療従事者および社会全体から期待されている職責を果たすために、生涯を通じて継 続して学習することが必要です。生涯学習は薬剤師の社会的責任といえます。

薬剤師が生涯学習に努めていることを証明し、信頼性を高めるために、近年各種 の認定が行なわれるようになってきました。一定の研修受講実績に基づいて認定するという原 則はすべて同じですが、研修や認定の実施母体により、認定の目的、分野、条件等がさまざま であり、また半ば公的なものから全く私的なものまで多くの種類があります。

認定薬剤師制度とは?

一定の期間、集合研修や自己研修により、定められた単位を取得し、「自己研鑽により資質向上努力を継続している薬剤師」として、有効期限を設けた証明を受ける事ができる制度を「認定薬剤師制度」としています。
薬剤師認定制度認証機構(CPC)が認証する「認定薬剤師制度」は、以下の3種類に大別されています。
現在の日本では医療保険制度の改革や薬学教育6年制への移行などの社会環境の変化に伴い、薬剤師には従来より高い資質を持つ事が求められています。
その中で自己研鑽に励んでいる事の証明となるこの制度は、今後の薬剤師の方々にとって大きな財産になる事と思われます。

※生涯研修認定制度(略号G): 薬剤師職能の向上を目的とする各種研修を企画、実施、評価し、成果に対して単位を給付する制度、及び一定水準の生涯研修記録に基づき成果を認定する制度です。

※特定領域認定制度(P): 薬剤師の職能を高めるために、生涯研修の中で焦点を絞って、特定の分野・領域について適切に計画された学習を修めた成果を認定する制度です。

※専門薬剤師認定制度(S): 特定の疾患、診療領域あるいは特定患者領域を対象に、 薬学的専門知識を生かして保健、医療(特にチーム医療)、福祉に貢献できる能力を保証し、専門薬剤師として認定を行う制度です。

AMEEの薬剤師生涯研修の目的

「かかりつけ薬剤師指導料」の加算条件である「認定薬剤師」取得を支援することはもちろん、AMEEでは、継続的な生涯学習を通じて、治療薬のプロフェッショナルとして地域医療において医師や医療従事者から選ばれるパートナーとしてその能力を発揮できる薬局薬剤師の育成を目指しています。
「”医薬連携かかりつけ薬剤師”としての資質の向上を図ること」、そして「日本の医療向上に寄与すること」を目的として、主に3つの観点を重視した研修プログラムを提供いたします。

  • 地域における「かかりつけ薬剤師」として医師や地域医療チームと連携し、信頼される医療人として、薬学知識に加え、環境変化、疾患、臨床、コミュニケーション、行政施策等、薬剤師の職務を遂行するために必要な最新知識を習得していただくために、多彩な専門講師・教授陣のネットワーク(薬剤師、医師、行政担当など)による講義を行うこと。
  • 常に患者の立場に立ち、処方医と連携し、適切な薬剤の選択や患者クオリティオブライフ(QOL)改善を推進し、患者から選ばれる薬剤師の育成を支援すること。
  • 集合研修とインターネット研修のそれぞれの利点を融合し、忙しい薬剤師が効率的に研修内容を理解習得でき、継続性と実務再現性が高い新しい形の生涯研修を提案すること。

「研修認定薬剤師」申請単位について

AMEEは、CPC(薬剤師認定制度認証機構)の認証を受けたプロバイダーである公財)日本薬剤師研修センター(G01)と提携しています。当プログラム内の配信講座を履修していただくと、「研修認定薬剤師」の申請に必要な日本薬剤師研修センター発行の単位を取得できます。
くわしくはこちら