このサイトでは Webストレージ を使用しています。
Webストレージ を有効にしてください。

講座詳細

薬物治療の判断力を養う-2型糖尿病のSOAP演習、トレーシングレポート作成演習

薬剤師には服薬指導から得た患者情報と根拠に基づく情報を活かし、医師へ処方提案する力が求められています。本研修では、糖尿病の薬物治療を復習しながら、処方提案時に必要なトレーシングレポートの意義や作成・活用方法が学べます。 *本講義は2020年集合研修を収録したものです。 集合研修時は全4回で開催されましたが、事情により「第3回」の講義は配信いたしません。ご了承ください。

分類 服薬指導・疾患・病態・コミュニケーション
視聴時間 142分
取得単位 1.0
公開日 2021-04-13
講師
花井 雄貴 / 東邦大学医療センター大森病院 薬剤部 主任

2009年3月 明治薬科大学大学院 臨床薬学専攻を修了し、東邦大学医療センター大森病院へ入職。その後、ベッドサイドで臨床業務に従事しながら研究活動に取り組み、2020年9月に東邦大学大学院で薬学博士を取得。 所属学会及び認定資格:日本医療薬学会 医療薬学専門薬剤師、日本化学療法学会 評議員・抗菌薬TDMガイドライン策定委員・抗菌化学療法認定薬剤師、日本アプライドセラピューティクス学会 評議員・学術誌編集委員、日本臨床薬理学会 学術誌編集委員、東京都病院薬剤師会 専門薬剤師養成部 抗菌化学療法・感染制御専門薬剤師養成小委員会委員など。

講座を受講するには新規利用登録またはを行ってください

講座を受講するには新規利用登録またはを行ってください